外為オンライン FX取引


FXなら上田ハーローFX

金融の超基本概念とFXのお金の流れ

FX取引というのは「金融」商品という部類に所属します。
この「金融」という言葉は何を意味するのでしょうか。
普段何気なく金融という言葉を使っていますが、この言葉の意味を何となくという程度で使っている方も多いのではないでしょうか。
金融というのは、お金が有るところから無いところに移動して工面する事です。
まず当たり前の事ですが、我々がお金を工面するためには、何らかの労働力を提供したり何らかの交渉をする必要があります。
何もしなければ当然はお金が動きません。
何か行動する事で、お金は動きます。
ですが、お金が無いところに交渉をしてもお金は工面できません。
あくまでも「有るところ」に交渉する必要があります。
このように、お金が「ある」ところに対してアクションを起こして工面するのを金融というわけです。
例えば借金などもそうです。
あくまでも「ある」ところに対してアクションを起こします。
お金を貸して下さいと交渉をするのは金融の一つです。
そしてFX取引も金融の一つです。
この「有るところから無いところへ」というのが一つのポイントです。
つまりFXによって我々の手元に「利益」が発生するのは、お金が有る人から無い人に移っているからです。
我々が損をすれば、そのお金は誰かの手に渡っているわけです。
大抵はどこかの大量の取引をしている人に渡っているようです。
このように外貨の流れを利用してお金を工面するというシステムが、FX取引という訳です。
バイナリーオプションには大量のお金が有るわけですが、そこから工面できるか否かは努力次第という訳です。


ザイFX! – FXトレーダー、FX初心者に役立つ為替チャートやFX会社比較

時には非常識にならなければいけない

我々は時には非常識にならなければいけないと思います。
そもそも、ずっと常識的にいるのは果たして成功し得るのでしょうか。
確かに、ずっと常識に縛られていれば、ずっと無難に生きていけるかもしれません。
しかし、それは一生涯ずっと平均レベルにとどまるという事になりませんでしょうか。
つまり我々が成功をする為には、どこかで常識を打ち破って人と違う事をしなければ平均レベルから脱出ができないと思うのです。
既成概念を打ち破らなければいけないとの考え方は、ここに根本があります。
他人から非常識と思われても、その道を選ぶのも大事だと思います。
FX取引でも、それと全く同じ事が言えます。
よく言われる事ですが、他の人と同じ事をやっていっても結果が出ない事が多々あります。
実際過去の株の世界でも、「他人と同じ事をやっていてもなかなか成功するのは難しい」という格言がいくつかあります。
つまり他の人と同じ事をやっているというのは、平均的なレベルにとどまってしまうわけです。
ところでFX取引では、10人中9人が脱落をしてしまうという世界です。
という事は、常識的な事をやってしまうと脱落してしまう事になります。
したがって、一見非常識と思われる事でも自分が生き延びるために実行する事も必要なわけです。
このように既成概念に執着をするというのは、非常に危険な事になります。
FXで利益を出したいのでしたら、非常識な発想を生みだすという概念も重要だと思っている次第です。

更新情報

2015-10-09
金融の超基本概念とFXのお金の流れの情報を更新しました。
2014-01-20
当サイトの管理及び責任者を新規投稿しました。
2014-01-20
メールフォームを新規投稿しました。
2014-01-17
業者に電話する時の録音を考慮し、あまり変な事を言わないようにするの情報を更新しました。
2014-01-17
驚きを感じ続けるのでFXにゴールは無いという考え方の情報を更新しました。
ページ上に戻る